BANNISTAR FIND NEW PARADIGM IN YOU.

BANNISTAR FIND NEW PARADIGM IN YOU.

OUR WORK

コーチョー

うごいても安心 Wホールド ネオオムツ

実施期間
2020.7 - 2020.11(5ヶ月)
インダストリー
ペット用品
URL
https://www.kohcho.co.jp/
[リサーチ分析]
デプス調査
[ブランド戦略]
ブランド戦略/コピー戦略/ネーミング
[デザイン開発]
ブランドロゴ/パッケージデザイン
Background [背景]

バニスターは、株式会社コーチョーのペット用オムツのパッケージデザイン開発を行いました。株式会社コーチョーは、「やさしさをかたちに」という経営理念を掲げて、吸収体事業を中核に「時代のニーズに合った安全・安心の製品」を作り続けている会社です。特に、「人が使用するクオリティをそのままペットにも」という理念を持つペット用トイレタリー製品は、高い評価を獲得しています。
そうした製品の中で、犬用のオムツである「ネオ・オムツnappy」は、密着性のある特殊なしっぽ穴で漏れにくいという機能性の高さで一定の評価を得ていました。しかし、さらに多くのお客様に認知してもらい、愛されるブランドを創りたいという思いを抱いて、バニスターにブランド戦略とパッケージデザインを依頼されました。

Challenge [課題点]

お客様がペット用オムツを使用している状況やニーズだけでなく、まず「ネオ・オムツnappy」が選ばれている理由を把握する必要がありました。
「ネオ・オムツnappy」は、既に使用しているヘビーユーザーにはその良さが理解されてはいるものの、商品パッケージの「ネオ・オムツnappy」という商品名や、愛らしい犬のビジュアルでは商品特長が伝わらず、新規顧客が手に取る機会を奪っているようでした。そのため、商品理解を促すパッケージの大幅な改善が必要でした。
また、ロゴとして商品パッケージの表に表示されていた、ペットの排泄周りを考えるコンセプト「NEO LOO LIFE」については、お客様の認知度が低く、それが果たす役割が曖昧でした。

Solution [解決]

「商品の機能性を、バーバル(言語)とビジュアル(視覚)で明解に伝える」 デプス調査を通じて分かったことは、想定していた介護用途の他にも、吸収力が高く、長時間使用できるというニーズがペット用オムツに存在しているということでした。「ネオ・オムツnappy」は動いても漏れない点と、長時間使用していても漏らさない点が高く評価されており、車の中やドッグランなど絶対に漏らしたくない時に使われていることがわかりました。
そこで、「モレ安心」や「長時間安心」といった機能コピーを追加し、商品名を「ネオ・オムツnappy」から「うごいても安心Wホールド ネオオムツ」 に変更して、商品名で機能を端的に表現しました。
また、競合商品との差別化を図って、視認性の高いイエローをキーカラーに採用し、その背景に、商品の最大の特徴であるしっぽ穴を全面に押し出したキービジュアルを配置しました。このビジュアルは、SNSを通じて募集したお客様の愛犬たちをモデルにして撮影されました。
さらに、商品機能と使用シーンを知らせるアイコンも作成しました。
お客様の理解度が低かったネオ・ルーライフロゴについては、コーチョーロゴに差し替えることで、ブランド資産をコーポレートブランドロゴに集約させることにしました。

Client Voice

共通の知人のご紹介で、縁があって細谷代表にお会いをさせていただきました。
弊社は、創業以来、「やさしさをかたちに」を基本理念に、ものづくりに励んで参りました。その中で、「お客様に愛されるブランドを創っていきたい」という思いから、ブランディングのご相談をさせていただきました。細谷代表やチームの皆様とお話をしていく中で、物事の本質をとても大切にされている企業様・チームだと確信をし、ブランディングプロジェクトをご依頼させていただきました。「お客様に愛されるブランドとは何か」について、とても深く議論をさせていただきました。中でも、ネオ・ルーライフの中心的な商品であるネオシーツ、ネオ・オムツのお客様にご支持いただいている理由について、デプスインタビュー等を通じて解き明かし、パッケージデザインで差別性と適切性を見事に表現していただきました。大満足なプロジェクトとなりました。今後もバニスター様やお客様とともに、末永くご支持いただけるブランドを創っていきたいと思います。

株式会社コーチョー   専務取締役   渡邉邦彦 様

OTHER WORK